鼠駆除

一般的なホームセンターで手に入る、簡単な物だけ。

とりあえず駆除とは言っても、追い出すだけなのか、殺してしまうのかで違う。

代表的なものは、
・忌避剤
・殺鼠剤
・粘着シート
このくらいでしょうか?


それぞれの特長。


・忌避剤
鼠の嫌がる匂いを放つ薬剤を使った物。
封を開けるタイプの缶詰や、スプレータイプの散布するものが多い。変わり種で鼠が嫌がる超音波を発する機械があるが、3000円以上と高価。

メリットとしては、
初心者でも設置しやすい。
殺さないので、何処かで死体が腐敗して悪臭が……等ということはない。
侵入の予防としても使える。

デメリットは、
鼠がその匂いを嫌がらないこともあり、確実ではない。
設置場所次第では、匂いのしない場所に移るだけの場合がある。
時間経過で鼠が匂いに慣れる。
人によっては忌避剤の匂いを不快に感じる場合がある。
雨風の当たる場所では使えない。
長くても2~3ヶ月程度で薬品が寿命を迎え、効果が期待できなくなる。
多少値段が高い。

など。

鼠が家を離れたかどうかがわからないのもちょっと辛い……何か特定の場所だけ避けさせたいならちょうどいいです。
設置は簡単だけれども効果を長く続けようと思うと工夫が要ります。
置く場所を細かく変えたり、1月ごとにメーカーが違うものを使ってみたり……。

手軽に使えますが、確実性は無いものだと思ってください。



・殺鼠剤
毒入りの餌を食べさせて殺してしまおう。というものです。
小さなお皿に毒入りの嗜好性の高い餌を用意して、それを鼠が食べるのを待つだけ。最近だと、小袋に入った薬剤を、小袋ごと出没する場所に置くだけ、なんて簡単なものも増えてます。

メリットは、
安価で大量に手に入る。
設置が楽。置くだけ。
匂いなどもしない。
完全に殺してしまうので、忌避剤と違い戻ってくる可能性がない。
ワンセットで大量の鼠を駆除できる可能性がある。

デメリットは、
何処で死ぬかわからない。
上記の理由により、人の目に付かない場所で死に、腐敗して悪臭を放ったり、虫が集ったりと衛生上よろしくない。
ペットを飼っている家だと、ペットが誤飲した場合危険。
侵入を予防する効果はない。


そう、何処で死んでいるのかわからない。コレが一番のネックです。屋根裏で死んで腐った肉やらが天井から染みだして汚れになったり、それがなくても死肉は病原菌の巣窟です。余り気持ちよくはないでしょう。
ですが確実性は忌避剤より上です。殺してしまいたいくらい憎いならこちらでしょう。

忌避剤と同じく手頃に使え、しかも駆除の能力としては確実性が上ですが、何より死骸の発見や処理が難しいと思ってください。しかも死んだ場所次第では本当に効果があったのか実感しづらい面もあります。


・粘着シート
鼠版ゴキブリホイホイです。厚紙に粘着質の接着剤が付いています。
他の方法よりも、ある程度鼠の通り道などを調べる必要があるので、難しいです。

メリット
駆除できたかどうかが直ぐにわかる。
鼠を捕縛した後の処理がとても簡単(鼠ごと粘着シートを捨てるだけ)。

デメリット
鼠の通り道などにピンポイントで設置する必要がある。
上記の通り、適当に設置して鼠がかかるという物ではない。
20㎝程の設置スペースが必要。
粘着物は強力なので、間違って所持品を着けてしまった場合などの処理が大変。
意外と値段が高い。

設置場所の下調べ。スペースの確保。粘着物を置くということ。等のデメリットはありますが、効果が目に見えるは3種類の中ではこれくらい。確実に駆除できたことが確認でき、かつ処理も手頃です。
粘着シートは確実に捕らえられる場所に置くか、初心者の人なら、それらしい場所に片っ端から置く。という選択肢もあります。お金はかかりますが……。


他にもネズミ取り器等ありますが、気軽にホームセンターで売ってるのはこれくらいではないでしょうか?
地域差は凄そうですけどね……w




というわけで、何故か接客が多いジャンルを適当に書き出していくコーナーでした~。
時が進めばもっと高性能な物が現れるかもしれないので、日付をよく見て判断してくださいね。
スポンサーサイト
プロフィール

蛟

Author:蛟
さて、こんばんわ
今日も頑張って生きましょうか

※攻略情報っぽいの書いてたりしますが真剣に受け止めてはいけません、笑ってね!!
さらに追記!ブログという名の日記です!!
ただ私が楽しく書いてるだけなのでご注意を!!

・ドラプロークート(メイン)
     -荒蛟(サブ)
・PSO2ー蛟
・DDONーGhil

最新記事
Twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
検索フォーム
リンク